結婚前提で同棲するときに気を付けること わたしの体験もご紹介

”結婚前提”となると単なる同棲ではなく、一生レベルで相手とつき合っていくことになりますよね。

無計画で臨むと後々後悔することや長い間共に時間を過ごした挙句に破局ということにもなりかねません。

この記事では

  • 結婚前提で同棲する予定がある場合
  • 既に同棲している場合

に役立つ考え方について書いています。

現在は無事結婚、わが子を授かり普通に生活できているのりパパですが、過去に2回同棲後に破局した経験があります。

>>のりパパのプロフィール

のりパパ

好きな人とはいえ相手は他人、不安なことありますよね…

若くて無鉄砲だった頃のわたしは特に何も考えずに同棲してしまっていました。

三度目の同棲(今)でこれまでの失敗を活かすことが出来たと思っています。

うまくいかない時もあると思っておく

一回目に同棲した時のわたしは結婚前提ではありませんでした。

そのせいか、相手に対して

「良くなるのになんでやらないの?」

とか

「何でこんなこともわからないの?」

といった自己中心的な意見を相手にぶつけてしまっていました。

のりパパ

プレッシャーばかり与えられたら誰だって辛くなりますよね。

同棲生活をしていくにはまず最初に心構えをしっかりと持っておくことをオススメいたします。

よく

「理想と現実は違う」

なんて言葉を聞くことがありますが、そもそも”うまくいく想像”ばかりするからうまくいかなかった時にショックを受けてしまうのです。

初めから”うまくいかない時もある”という心構えでいると、ぶつかる時があっても

「そういうもんだよな」

と冷静に対処できます。

始めから”うまくいかない時もある”と構えていると、うまくいった時の喜びがより一層嬉しく感じられると思いませんか?

そもそも相手は自分とは別の人間です。

今まで自分と違う生活をしてきて、自分と違う時間を過ごしてきているのです。

でも、”自分との違い”に価値を見出して結婚を考えたはずですよね?

結婚前に心構えをしっかりと持っておけばカベにぶち当たったときにも落ち着いて対処ができるようになりますよ。

ポイント② 『価値観』のすり合わせは結婚前に

わたしが二回目に同棲したときは結婚前提の同棲でした。

しかし結局別れてしまうことになるのですが、理由は価値観の違いが大きかったと思います。

当時の同棲相手は友人と遊びに行っていると一切連絡が取れなくなるという特徴がありました。

ある日、朝まで帰って来なかった時にさえ連絡が取れなくて、遂にわたしに限界が来てしまったのです。

お金遣いも荒く、シューズボックスは彼女の靴が入った箱でいっぱいでした。

のりパパ

贅沢がいけないわけではないのですが、使わないものを大量に買い込むということがわたしの価値観にはなくて衝撃的でした。

『価値観』について考えておきたい点は大きくまとめると

  • お金
  • セクシャリティ(性的指向)
  • 人生観(子供がほしいかなども)

となります。

この問題にはハッキリとした”正解”は存在しません。

言いかえると「2人で正解を見つけていく」ということになります。

のりパパ

どれだけ他人の意見を参考にしたり『Yahoo!知恵袋』で検索してもそこに答えはありません。

正解のない答えを探す方法を学ぶにはこちらの本がオススメです↓↓

結婚前提で同棲するメリットは

「結婚前に結婚後の生活を疑似体験することができる」

という点です。

言ってしまえば結婚なんて「役所に書類を提出するだけ」です。

つまり同棲が始まった時点で結婚していることと大して違いがないと言えるのです。

ではなぜ結婚前に同棲するのかと言うと…

「この人と本当に結婚していいのか」

ということを確かめるためですよね?

つまり、結婚後に起きるであろう問題はなるべく事前に解決しておいた方が無難。

そしてその中でも一番大きな問題が『価値観』となります。

全く同じ価値観を持つことは不可能なのですが、そこで考えていただきたいのが

「どこまでゆるせるか」

ということです。

時には妥協し、時にはちゃんと話し合って価値観のすり合わせをしましょう。

のりパパ

ハッキリと言葉で言えないときもありますよね。

そんな時は「こういう風に考えているのかな?」と、相手に寄り添うことも大切ですよ♪

ポイント③ 『逃げ道』をつくっておく

現在わたしは無事に結婚し子どもが産まれ、家族三人で平和に暮らしています。

しかし、それでも辛い時は存在します。

そんな時は友人と飲みに行ったり、一人で書斎にこもったりといった『逃げ道』をつくることがあります。

結婚するあたって、相手の気持ちを大事にすることはもちろんですが、

「自分の気持ちも大事にする」

ということを決して忘れてはいけません。

つらい時に逃げ込むことができる自分だけで過ごせる場所を用意しておきましょう。

どうしても合わない相手の場合は別れることができますよね?

しかし自分自身と別れることはできないのです。

是非、自分を大切にしてあげて下さい。

のりパパ

しっかりと話し合って、自分の時間をつくれるようにしましょうね♪

まとめ

わたしは同棲の3分の2は失敗に終わっているわけですが、わたしにとってはそれくらい他人と一緒に生活していくというのは簡単ではありませんでした。

のりパパ

現在うまくいっている同棲(結婚生活)すら今後どうなるかわかりませんからね。

しかし、『自分との違いに価値を置く』ということは自分自身の世界を広げることでもあります。

ちょっとした”痛み”と引き換えに少しずつ成長できることを楽しんでみてはいかがでしょうか。

わたしは同棲を通して”他人を理解する視点”を少しは持てるようになったと思っています。

のりパパ

すこーしですよ(笑)

大変だと思いますが(笑)

是非、結婚前提の同棲生活を楽しんでくださいね!!