べに花を観賞するなら6月中旬がオススメ【桶川市べに花畑】

桶川駅のべに花

べに花の郷で知られる桶川市

のりパパ家は桶川に住んで早2年が経つのですが

「ちゃんとべに花を観たことないな」

ということでべに花畑へ行ってみることに。

べに花の基本情報

書き方べに花・ベニバナ・紅花
科・属キク科・ベニバナ属
花言葉装い・化粧
用途染料・油・食用
花期6~7月
※咲いている期間は一週間程度
特徴初めは黄色で徐々に赤くなる
のりパパ

残りやすい赤(紅)色が口紅などの染料になるそうです♪

桶川のべに花

マスコットキャラクターの『オケちゃん』で知られる桶川ですが

実は”市の花”はべに花ではなくツツジなんです…。

≪ゆるきゃらオケちゃん≫

>>オケちゃんの公式フリー素材

のりパパ

べに花は山形県”県の花”なんです。(クヤシイ)

山形のべに花は『とげ葉』、桶川のべに花は『丸葉』という違いがあります。

≪べに花情報≫ 語尾が「べに」なんだ…

桶川べに花まつり

今年(2022年)は3年ぶりに『桶川べに花まつり』が行われました。

わたし達家族は祭りの翌日に行ったのですが、綺麗なべに花畑を観ることができて満足しています。

≪べに花畑≫
奥の河川敷には河津桜の木があります。

桶川のべに花畑には展望台もあって上からべに花畑を楽しむことができます。

≪展望台からの風景≫

べに花に囲まれたベンチなんかもあります。

≪べに花のベンチ≫

展望台ではべに花の歴史に関する情報も見れます。

≪第一章 桶川市の紅花≫
≪第二章 まちづくりのシンボル≫

別会場ですが、べに花祭りの期間にはべに花の『つみとり体験』もできます。

≪つみとられたべに花≫
のりパパ

一本50円でつみ取りができます♪

べに花まつりのシーズンになると桶川駅にもべに花が飾られます。

≪桶川駅ホームのべに花≫

まとめ

桶川市に引っ越してきてから、いたるところで『オケちゃん』『べに花』というワードを目にしていたのりパパ一家。

しかし、今までなかなか実物を見る機会がありませんでした。

開花の期間が短く、同じ土地ではうまく育たない連作障害も理由と考えられます。

そんなレアなべに花が観れる

『桶川べに花まつり』

毎年6月中旬頃に開催されているので是非観に行ってみて下さいね♪

のりパパ

詳細は桶川市ホームページをチェック!!