【1歳まで】赤ちゃんが泣き止み眠りも促す「音」と「歌」

赤ちゃんが泣く時はおなかが空いていたりオムツが不快だったり気温が合わなかったりと様々な理由がありますが、時に「泣いている理由がわからない」ことや「何をやっても泣き止まない」といったこともあります。

そんな時、わたしが”最終兵器”として使っているのが「ホワイトノイズ」「歌」です。

産まれて間もない赤ちゃんは視界がハッキリとしない為、聴覚がたよりです。

そんな赤ちゃんにとって心地よい音は泣き止むだけでなく眠りまで促してくれる効果があります。

この記事ではそんな役に立つ音たちを紹介いたします。

のりパパ

お助けアイテムのように使ってみると良いと思います♪

赤ちゃんが泣き止む「音」

ホワイトノイズ

テレビの砂嵐(表現が古くて申し訳)やラジオなどのザーザー音のホワイトノイズ。

この音が落ち着く理由は赤ちゃんが母体内にいるときの胎内音に近いためとされています。

のりパパ

最近ではYoutube等で「胎内音」と検索するとひたすら胎内音だけを流してくれるチャンネルもあります。

よく子供に静かにしてほしい時に「シー」と言うのも胎内音からきているという説もあるようで、手元に何もない場合は「シー」と言い続けるだけでも効果が出る場合があります。

のりパパ

わたしはわが子に様々な言い方の「シー」を試し、夜寝つける時に使っていますが、抜群の効果を発揮しています!

※腹筋ツラいのでやりすぎ注意(笑)

どのホワイトノイズが合うかは赤ちゃんそれぞれによって異なると思いますので是非色々なホワイトノイズを試してみてはいかがでしょうか。

色々なホワイトノイズ

  • 声で「シー」と言い続ける
  • youtube(私が使用している胎内音
  • ラジオ
  • 換気扇
のりパパ

日常生活の中で他にもホワイトノイズのような音色のものがあれば色々試してみるのもいいかもしれませんね♪

赤ちゃんが泣き止む「歌」

保育者の声で歌う歌

赤ちゃんが最も安心するのは親御さん等の保育者が側にいるときです。

保育者の落ち着いた優しい声で歌う歌はこれ以上ないほど赤ちゃんを落ち着かせます。

決してうまく歌う必要はないのですが、あまり激しい曲はさけた方が良いでしょう。

のりパパ

わが子はわたしの”かっすれた声”でも泣き止んで、すやすや眠ってくれます♪

のりパパお勧めの最強歌「チューリップ」

わたしは本当に困った時にこの歌で数々の修羅場をくぐり抜けました。

わが子が泣いているけど嫁さまが出かけていたり嫁さまに対応する体力がない時に「何とかしよう」と色々な歌を歌ったところ「チューリップ」を歌った時に「ピタッ」と泣き止んだのです。

理屈はわかりませんが、ネットの情報でもチューリップで泣き止んだという例が数多く存在します。

歌詞もとても簡単でリズムも途切れにくく歌いやすいので何度でも何度でも歌えます。

のりパパ

歌詞

「さいた さいた チューリップのはなが

ならんだ ならんだ あかしろきいろ

どのはなみてもきれいだな」

寝そうになってきたら徐々にトーンを落として静かな声(音程がないくらいの声)で歌って寝付けます。

打つ手がない時に是非一度お試しください♪

反町隆史の「ポイズン」

この曲の効果は”原曲に限る”とお伝えしておきます。

何故なら前奏を含め、全体的にホワイトノイズに近い「歪みの音」が入っている為と私は分析します。

つまり歪みの音を再現するのは難しいので口先だけで歌ってもあまり効果はないでしょう。

ある程度音量もないと聴き取りづらいので、車での移動時に車内で泣き止まない場合に流すと効果的かと思われます。

Foorin×米津玄師の「パプリカ」

これはもはや楽曲だけではなく、それを取り巻く雰囲気や映像といった部分が大半を占めると思われます。

自我が芽生える前の段階ではあまり効果が無いように感じます。

のりパパ

個人差もあるとは思いますが、映像は寝る前に見せるのは逆効果になる場合もあるので注意しましょう。

何故「音」と「歌」!?

冒頭でも書きましたが、1歳までの(特に月齢が浅い)赤ちゃんは視力が発達していない為”視覚”より”聴覚に”うったえた方がより効果的です。

母胎内の音に近い「ホワイトノイズ」や馴染みのある保育者の落ち着いた声でうたう「歌」は赤ちゃんの安心感を促す効果もあります。

また、泣いていると自分の鳴き声で更にエスカレートしてしまうこともあるのですが、別の音が聞こえてくると注意がそらされて泣くことを忘れる場合もあります。

のりパパ

わが子がギャン泣きして嫁さまも疲弊していた時にわたしが変わって歌っただけですぐに泣き止んだこともあります♪

心に余裕を持って

上記のワザを使用しても保育者の心に余裕がないと赤ちゃんも敏感にそれを感じて泣き続けてしまうこともあります。

まずは深呼吸して落ち着き、可能であれば一種のゲームのような感覚で楽しみながら赤ちゃんの「泣き」と向き合い攻略していくと良いと思います♪

のりパパ

辛くても今しかできない子育てです。

是非一瞬一瞬を楽しんで乗り越えていきましょう♪